GUILTYPARTIES PARADISETOKYO

FEATURE

#4 SWEETEST ROCKERS IN TOWN ” ROCK SWEET ROCK”

Sep 25, 2015

1954年、コクソン・ドッドは、屋外にスピーカーセットを持ち出し、移動式音響設備とバンドメンバーたちを「Sir Coxson the Down the Beat (サー・コクソン・ザ・ダウンビート)」と名付けた。彼らはジャマイカ国内をまわり、最高の音楽をかけ、最高のダンスパーティを行った。
そうして音楽を中心に人々が集まり、彼らのオリジナリティを表現するべくスタイルが生まれ、さらに時流となって大きな流れを作り、やがて一つの文化として発展していった。

2015 F/W SWEETEST ROCKERS IN TOWN " ROCK SWEET ROCK " は、ジャンルを問わず時代を作り出すかっこいい人物とカルチャーからのインスピレーションを、彼らへの心からのリスペクトをこめて表現したコレクションです。

RELATED POSTS